うちは家具屋ではありません(笑)金屏風製作。w

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

昇華転写 金色

「イマムラさ〜ん。ご相談!金色って印刷できます??」

 

無理っす!でも昇華転写なら可能です。布になりますけど。。。

 

と、トントン拍子で話が進み

昇華転写で金色の布作り

不良在庫化していた布の処分も出来て

喜んでいるのはここだけの話。w

 

↓見事でしょ。

昇華転写 金色

昇華転写ならではの技です。

綺麗に染まってます。

ただし!

ちょっとお高いですよ(笑)

 

昇華転写終了後、周囲をヒートカット。

昇華転写 金色

サイズは横幅45cm×縦2m。

これに巻き込み用の余白を付けて

カットしていきます。

 

↓じゃじゃーん!!

金屏風

大工さんが持ち込んできた木枠に張って出来上がり。

これが6枚連結されて金屏風になるそうです。

ぬぬ。完成品が見てみたい。w

 

-----

 

やっと風邪も良くなって体調も万全となってきました。

喘息がぶり返したときは、どうなるかと思いましたが

吸入薬をもらって症状も治まって一安心。

 

さぁ!11月、やっとスタートが切れます。

お仕事何卒よろしくお願いいたします。

 

ではでは(=^∇^=)。

涙涙のプリンターヘッド引きずり事件。から立ち直って帽子刺繍。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

看板用のシート

あー!です。

あー!ってマジで声が出ます。

大型インクジェットプリンターでは良くある光景です。

見たことの無い同業者はいないと思います(笑)

いや、笑えない光景です。

 

プリンターヘッドが引きずるぐらいは可愛いもんです。

酷いときはガチャン!紙等とぶつかってストップするときもあります。

こうなると悲惨。

グチャグチャになった紙を引っ張り出したり

プリンターを再起動したりと超面倒な事態。

 

しかし、それも含めて仕事と思って頑張ってます(笑)

 

↓気を取り直して刺繍帽子製作。

刺繍帽子

ん〜。良い感じです。

一時は発狂するぐらい悩んだ大型刺繍機でしたが

操作にも慣れて順調に動かせるようになりました。

出来ること出来ないことさえ解ればなんと言うことは無いです。

しっかし悩みましたわ(笑)

 

↓本日の刺繍帽子

IMG_9140.jpg

右端を見た方が「ピンクレディみたいですね」と。

確かに。w

 

-----

 

現在、刺繍帽子の直販ホームページを制作中です。

自社製作なので品質と価格では負けないぞ!と

うたってやろうかと画策中。

そのうち○○帽子店になっているかもです(笑)

 

ではでは(=^∇^=)。

 

 

「社長〜!看板が落ちよる!!」と緊急要請。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

晴天

朝から良い天気。気温もグングン上昇。

こんな日はエアコンの効いた事務所で

内勤するに限る。w

 

緊急電話。

「社長!看板が落ちよる!すぐ見て!」

 

住所を聞いて現場へ直行。。。

現場、見覚え無し。

よそが作った看板やん。

 

↓ボロボロ

腐った看板

完全に木枠が腐ってボロボロ。

こりゃ10年は経ってる予感。

木枠で作った看板は5年程度が限界。

定期的に防腐剤入りの塗料を塗ったりしたなら

話は別ですけど、何もしないなら

木枠は5年程度でビスや釘もスカスカになって

危険な状態になります。

 

撤去して帰ろうかとも思ったのですが

通りから見えるメインの看板

これがなくなると店の営業に関わってくる。

 

幸いなことに高さも低く駐車場の端なので

何とか応急処置をしようと画策。

 

↓ビスが効きましたよ(笑)

腐った看板

腐った木枠は見なかったことにして(笑)

看板面を直接壁面にビス留め。

取りあえず応急処置が成功して

グラグラしていた看板がバシッと留まりました。

 

いずれにしろ、いつ落ちてもおかしくない看板なので

すぐに見積もりを出して新品に変えることを提案しました。

通行人にあたっても責任は取れませんよとの文章付きで(笑)

 

-----

 

さー!

今日は新しい機械の搬入です。

 

↓200ボルトコンセントも準備済み

200ボルトコンセント

単相の200ボルト。

事務所は60アンペア×2なのですが

すでにパンパン状態。(別に動力もあるんです)

 

おそらく全部電源を入れたら落ちます(笑)

現在の場所では最後の設備投資になるかもと

思いながら本日を迎えました。

ワクワクしてメーカーの方を待ってます。

 

ではでは(=^∇^=)。

 

自社看板の耐候性結果発表!ダララララララララッ!○年で寿命!?

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

宇宙の背景イラスト

今日は土曜日なのでゆったり出勤。

英語劇のバック幕を頼まれていたのでユポ紙にプリント

ちょっと油断したすきに巻き取りを忘れてこのざま(笑)

このまま乾燥でちょうど良いかと納得。w

 

↓現在の看板を設置したのは7年前。

壁面看板

寅年だったので虎のイラスト(笑)

通常のプリントシートの耐用年数は3〜5年程度。

日当たりがバリバリ良ければもっと早くに駄目になるかもしれませんが

上の写真は南面の看板

 

あらま。まだまだ行けますね。

下のシャッターグラフィックなんてピカピカしてます。

南面なので日当たり良好で看板にとってツラい環境。

でもこの状態。

南面って紫外線は意外と少ないのかも。

 

西面の看板

看板の耐候性

アウト〜〜!!

完全に色褪せてます。

看板屋の看板がこれじゃダメです(笑)

でも7年間も良くもったと褒めてやりたい。

 

西日をなめてました。

西日の紫外線恐るべし。

 

↓近くによって見ると。

看板の耐候性

バリバリにひび割れてます。

完全に限界突破してますね。

 

でもこれってスゴいことなんです。

通常なら5年程度で真っ黒に焼けたりする事もあるプリント看板。

でもそれが普通です。5年持てば御の字です。

グダグダ言わずに作りかえて下さい。(笑)

出来ることなら3年で作りかえて頂きたい(大笑)

 

それが7年経ってもまだ見られる状態にある。

細かいこと気にしなければ、まだ使えます(笑)

 

ま、当社は看板屋なので汚い看板を掲げておくわけには

いかないので作りかえますが、一般の商売の方ならまだいけそうです。

 

当社が使用している看板用プリントシート及びUVカットラミネートは

九州に拠点を置く(株)ハマジさんの商品。

中期〜長期と謳っている商品ですが中期(3年)と言うことはないですね。

万が一の時の控えめな表記でしょう(笑)

 

インクジェットプリントの看板も世に出始めて15年以上が経ちました。

その中で私達も経験を積み、適材適所の製品をオススメしてます。

ちなみにめっちゃ上等のプリントシートを使用すれば

10年は持っちゃう看板を作ることも出来ます。

ただし!価格は倍以上します。

 

お客様の懐具合と相談しながら最適の看板を

お勧めするのが当社のスタイル。

焼鳥屋で打ち合わせをすれば特価も出ます(笑)

 

ではでは(=^∇^=)。

 

 

お盆休みを利用してジブリ展を見てきました。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

ジブリの大博覧会

宮崎駿監督の感性に触れるのも仕事のうちと思って

ジブリの大博覧会に行ってきました。

開催場所は福岡から高速で2時間30分程度の大分県立美術館。

 

到着するとドデカい看板がお出迎え。

巻き尺を持って行ってなかったので計れませんでしたが

高さ10mはあったような看板。

ジブリ展へ力のいれ具合がわかるデカさ。

 

↓館内に入るとナウシカの世界がお出迎え。

ジブリ

はい、ドデカい戦艦が上下に動いてます。

しかもプロペラの一つ一つも動いてます。

下側のヒラヒラも動いてます。w

 

看板屋じゃ出来ない仕事。造形屋さんの見事な芸術品です。

 

↓いよいよ入口へ。

ジブリ展

はい。ここから先は撮影禁止。

中にも様々な造形物がありました。

そして絵コンテの数々。

好きな人にはたまらない空間です。

そうそう、撮影ポイントが一箇所だけあります。

それは行ってからのお楽しみと言うことで。

 

昭和レトロ館へも寄り道。

昭和レトロ

個人的にはジブリよりもこっちが楽しかった(笑)

昭和の風景が満載の空間。

ここは撮影自由なのでたくさん撮りました。

懐かしいホーロー看板の数々。

看板屋の私は、いちいち触ってしまう職業病(笑)

 

↓疲労回復にヒロポン! えっ!??w

ヒロポン

ポン中かよ!w

 

↓三角ペナント。

三角ペナント

修学旅行でお土産に買って帰りましたね。

まだ、売っている所ってあるのでしょうか?

ちなみに右側の男性は故・勝新太郎。

 

IMG_8897.jpg

昭和の古き良き時代。

別に平成が悪いというわけではないけど

物がなかった分、そこには工夫があったと思う。

看板もしかり。

 

手書きの看板は職人さんによって味があり

すべてが個性で、どれが良いとか悪いとかはなかった。

風景画が得意な看板屋さん。

人物を描かせたらピカイチな映画の看板屋さん。

屋号を書かせたら最高の看板屋さん。

 

色々と考えがめぐるお盆休みでした。

ではでは(=^∇^=)。

 

屋外広告物申請は看板屋さんのお仕事です。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

床屋看板

「社長−。もうすぐ改装工事やけん、見積もり出して−」との

ご依頼です。現地を下見して採寸その他もろもろ。

お店の方にも最高の笑顔で挨拶して現調完了(笑)

 

↓からの福岡市役所へ屋外広告物申請

屋外広告物申請

屋外広告物、簡単に言うと看板です。看板

看板を屋外に設置するときは必ず申請書を

役所に提出しなければなりません。

 

誰でも申請できるかというと出来ません。

うちみたいな、屋外広告業登録業者でないと

申請書は受け付けてもらえないお約束。

こればっかりは法律なので守るしかないです。

 

意外と知らないのが、建築現場に掲げてある

ゼネコン等の社名が入った現場シート

これも申請の対象です。

しかし、ほとんどが未申請でしょうね。w

 

↓じつは先週末、鍵の束を無くしてました(涙)

スペアキー

どこで落としたのかも不明です。

事務所の鍵、工場の鍵、セコムキー、

6〜7本あった鍵を無くすという地獄。

セコムキーには固有のナンバーが打ってあるので

警察に届けてさえくれれば、出てきそうなのですが

今のところ連絡無し。

 

スペアキーは娘や彼女に分散して持たせていたので

なんとかなりました(笑)

用心のため姪っ子にも持たせておこうと決意(大笑)

 

7月後半はヒヤヒヤしながらの日々ですが

頑張って参りますのでよろしくお願いします。

ではでは(=^∇^=)。

 

 

 

2017ギフトショー&ビューティショーにネタ仕入れに行ってきました。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

2017ギフトショー

福岡マリンメッセで行われているギフトショー&ビューティショー

私には無縁の世界と思っていましたが

気になる出店があったので見学に行ってきました。

ちなみにビューティショーは本当に無縁なのでスルーで。w

 

↓心配性の私は端っこに止める。

2017ギフトショー

ドアパンチだけでも避けたいので、このような場所を探して駐車。

すでに傷だらけですが(笑)

 

さぁ!勢いよく場内へ!

 

しかし。。。

場内は撮影禁止!!w

おいおい。

撮影してもらって宣伝したもらった方が良かろうに。

何という閉鎖的なイベント。

 

↓せめてもの抵抗で会場案内図。w

ギフトショー&ビューティショー

多種多様な業界の会社が出店してます。

2/3がギフト関係。右側の1/3がビューティ関係です。

一番上の奥のスペースがご飯のスペース。

おいしそうな屋台が来てました。

 

お目当てのブースがあったので直行してお話を聞いていると

突然後から「ひょっとして今村さん??」

えっ?どなた??

なんと、同業者のお客様(鹿児島)とバッタリ(笑)

電話でお話ししたことはあったのですが

実際に合うのは初めて。

業界の話でめっちゃ盛り上がりました。

 

興味のあったブースの前だけ許可をもらって撮影しまくり。

カシャカシャと撮りまくり。おそらく私だけ(笑)

 

↓今回の戦利品

2017ギフトショー

輪ゴムメーカータオル。w

輪ゴムのイラストが可愛いタオル。ただの円ですけど。

 

私が知りうる限り、人だかりが出来ていたのはここだけ。w

 

↓紙袋

2017ギフトショー

これも捨てられない。ただの紙袋なのに捨てられない。

これでスーパーに買い物に行ったら注目間違いなし。

 

あっという間の2時間。

仕事があったので後ろ髪を引かれながら会場を後に。

来年また来てみたいイベントでした。

 

-----

 

お目当てのブースでは社長さんが直々に説明してくださって感謝感謝。

私が知らない業界の話を詳しくしてくれました。

もっともっと見聞を深めて舵取りをして行かねばと決意。

今できることを確実に実行しながら頑張って参りますので

何卒よろしくお願いいたします。

ではでは(=^∇^=)。

 

さぁ、明日からは新しいポロシャツで心機一転スタート。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

オリジナルポロシャツ

小さめに作ったつもりが、ちょっと大きかった胸のマーク(笑)

会社のユニフォームとしてポロシャツの黒を選びました。

夏の日差しに苦労しそうですが、ほぼ室内での

作業ですので大丈夫でしょう。w

 

↓背中は社名がドーンと。

オリジナルポロシャツ

見づらいですが上の小さな文字は金箔にしてみました。

細長い金箔のフィルムが余っていたので有効利用。

キラリと光って良い感じです。

 

↓右腕には。。。

オリジナルポロシャツ

私が!!w

転写して後悔。w

これはいらんやった。w

しかし、もう剥がれません。

仕方がないので腕まくりして誤魔化します(笑)

 

-----

 

昨日は旧知の友が会社を訪ねて来てくれました。

30年来の友人です。

元同業者で有り、今でも時々業界のことを

話し合ったりしてます。

 

将来のことを色々と話していく内に

「応援するばい!」との心強いエール。

安いところはいくらでもあるのに

私を使ってくれる義理堅い方。

 

ちょっと安いからと他社に浮気していく

世知辛い世の中で、人付き合いを大事にする

生き方を尊敬してます。

 

その方の名は博多の切り絵師”こにしかずよし”氏。

 

期待に応えるべく頑張って参りますので

何卒よろしくお願いいたします。

ではでは(=^∇^=)。

 

2017九州印刷情報機材展&サイン&ディスプレイショウに行ってきました。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

九州印刷情報機材展&サイン&ディスプレイショウ

恒例となった九州印刷情報機材展&サイン&ディスプレイショウ

私が初めて印刷機材展に行ったのは36年前。

印刷会社に勤めていたときに勉強のためにと見学に来ました。

その頃の印刷機材展は豪華絢爛そのもの。

うん千万〜うん億円するような大型のオフセット印刷機が

ズラズラと展示されていて、その印刷風景を見ているだけで

心がときめいていた二十歳の印刷工(笑)

 

だって印刷機の長さが10mとかあるんですよ。

もうね興奮してましたよ。

そんな印刷機が轟音を上げてガチャコンガチャコンと

動いているわけです。興奮しないわけが無い。

強烈に景気が上昇していた時代の話です。

 

時代は移り変わり、景気が良いのか悪いのか解らないような時代。

印刷機材展は名称変えた上にサイン&ディスプレイショウと合体。

元々、サイン&ディスプレイショウも単体で行われていたのですが

これも時代の流れか、はたまた需要の問題か、

印刷機材展と同時開催となりました。

 

さぁ、果たして表の看板の通り”九州をかえようぜ!”と

なる展示内容でしょうか?

興味があった物も(無いものも)サクッとご紹介。

 

↓おぉ!床に映すプロジェクター

IMG_8491.jpg

画像も変えられる。踏んだところに反応させてアクションを起こす。等々。

これからはデジタルコンテンツを制作できる会社が重宝されるでしょうね。

 

↓皆さんご存じ。絵が切り替わるポスター。

IMG_8489.jpg

お菓子に入っていたオマケを思い出します。

見る方向によって絵柄が変わる仕組み。

何十年も前の技術が未だに生き残っているのが

スゴいですね。

 

↓これもご存じですね。

IMG_8495.jpg

はい。お菓子に印刷できます。

プリンターを購入して”お菓子名入れサービス”やってみませんか。

儲かるかどうかは貴方の工夫次第でしょうけど。w

 

↓ルーターやレーザーカットの展示が多かったような気もします。

IMG_8494.jpg

イラスト等の輪郭をガリガリとカットしてくれます。

形に切り抜くだけで付加価値がグッと上がって

良い商品が出来上がるでしょうね。

 

↓立体の流れでチャンネル文字屋さん。

IMG_8501.jpg

は。佐賀県の会社なので佐賀県と言う(笑)

亜鉛鉄板を立体に造形してチャンネル文字

作ってくれます。

金額が出ちゃってますね(笑)いいのか?

ま、一般の方が直接注文しようと思っても

データが用意できないでしょうし、取付も無理でしょう。

ご注文はお近くの看板屋さんへお願いします(笑)

 

↓電照看板も薄型の時代へ

IMG_8498.jpg

アクリルの小口から照明を入れる技術は昔からあったのですが

やはりLEDが出てきて薄型に拍車がかかったような気がします。

 

↓ステンレス加工屋さん

IMG_8499.jpg

鏡面に磨き上げたステンレスでカブトムシを作ってます。

いや、作ってから磨き上げてます。たぶん。

溶接痕も皆無。文字等もテカテカに磨き上げてありました。

職人のこだわりを見た気がします。たぶん、この職人さんとは

気が合いそうな予感がします(笑)

 

↓次の設備投資はこれだな(笑)

IMG_8493.jpg
どっかで聞いたことのある社名だと思ったら
シルク印刷で使っているインキのメーカーさんでした。
なんと新型のインキを開発したと言うことで実際に目の前で
印刷してくれました。
もうね、目からウロコ。
すげーインキです。
この機械を見て当社の原点であるシルク印刷
もう一回、見直してみるかと考える事が出来ました。

 

↓最後にインスタ(笑)

IMG_8503.jpg

出口にありました。

オヤジの全顔なんぞは誰も見たくないでしょうから

いつもの半顔で。w

ちなみに当社のインスタと言うか

私のインスタもあります→代表のインスタ

 

企画運営の皆様、有意義な時間をありがとうございました。

 

-----

 

他に目立ったのは製本の機械とか型折りの機械とか

紙に関する物が多かったですね。

来場者の大半は印刷業務に携わる方々でしょう。

 

そうそう!ここで思い出した!

なんと大型インクジェットマシンメーカーのMUTOH

発売開始した新型の溶剤インク。なんと従来の半額です。

半額ですよ。半額。1リッターのインクが従来の

440ccのインクと同じくらいの金額です。
やりゃー、出来るじゃ無いか(笑)
ま、元々の設定が高すぎるんですよ。
おそらく半値にしても十分な利益が取れているでしょう。
いずれにしてもMUTOHさんの大英断に拍手です。
追伸:せっかくのイベント、私ならもっと体験できるコーナーを増やして
   来場者に衝動買いさせる事を考えますけどねー(笑)
ではでは(=^∇^=)。

首回りモフモフのドカジャンは暑くなってきたので春物ジャンパー製作しました。

徒然ばなし コメントcomments(0) trackbacks(0) 管理人@

スタッフジャンパー

さすがにモフモフ付きのドカジャンでは暑すぎ。

と言うことで、春物スタッフジャンパーを作りました。

素材はペランペランのナイロン製のジャンパー。

 

果たして転写して大丈夫なの?って代物ですが

冒険好きの私を止めることは出来ない(笑)

 

温度を低めにして転写。。。

予想通りちぢんだ(笑)

でも何とかなりそうな感じ。

 

↓胸部分にもチャレンジ。

スタッフジャンパー

先程の教訓を活かして温度低めの時間も短め。

背中よりも上手く行きました。

先に胸の部分でテストすれば良かったと後悔(笑)

 

↓胸部分のアップ。

スタッフジャンパー

良い感じでしょう?

sinse1986の部分の文字の天地は2〜3mm。

ちなみに従業員は5人もいませんよ。w

腕組んでポーズも取りません。ww

世界に羽ばたく予定もありません。www

 

さーて、あとは耐久性がどうじゃろか?

ゴリゴリ使ってあげてテストしたいと思います。

 

-----

 

さあさあさあ!気合い入れて頑張りますので

何卒、お仕事よろしくお願いします。

ではでは(=^∇^=)。

 

衣類転写のことなら→ダルズ

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM